ミャンマー新大統領ティン・チョー氏の横顔

アウンサンスーチー氏とは高校時代の同窓生。ミャンマー軍事政権時代、1989年7月以来、幾度にもわたり自宅軟禁されたアウンサンスーチー氏と外部の連絡役となる「唯一の窓口」(日本政府幹部)だった。それだけ信頼が厚いのだろう。2010年11月13日に軟禁が解除された際、氏が自宅の門扉越しに市民に語りかけたときにもそっと横で見守っていた。

ヤンゴン経済大で学び、コンピューター科学が専門とされる。英国への留学経験もあることから英語に堪能である。財務官僚などを務め、経済にもあかるい。1992年に役人を辞めてNLD(国民民主連盟)に参加。因みに議員経験はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL